ハイエースオーナー必見!エンジンルーム周りの防音断熱☆おまけにシートカバー交換♪

ハイエース

6型ハイエースS-GLカスタム企画④

今回はデッドニングの続きでエンジンルーム周りの防音断熱を施工しました。

前回のデッドニングはこちら⤵️

コスパ最強!ハイエースのデッドニングと断熱 効果と費用 めっちゃオススメです

シート周りの防音断熱

ハイエースやキャラバン等はキャブオーバー型でエンジンルームの上に運転席、助手席があるタイプで「騒音」「熱」がシート下や隙間から伝わってきます。

特に高速道路を走行中ではロードノイズやエンジンの騒音が大きく、夏など暑い時にはエンジンの熱が下から上がってくるので不快感が結構あります。

ハイエースオーナーの方ならわかってもらえると思いますが^^;

今回私が施工した商品ですが、嫌な「騒音」や「熱」を軽減してくれる防音断熱シートになります。

結果、騒音と熱が半減するとかではありませんが、効果を体感できるレベルで私てきには施工してよかったと思っています♪

施工がそこまで難しくないのもgoodです(^ ^)

取り付け方法

①運転席、助手席取り外し

シート下4隅のボルトを緩めて外します。

シートを持ち上げると配線がされているので忘れずにカプラーを外します。

②センターコンソール取り外し

コンソールボックスの中とドリンクホルダーのところに敷いてあるシートをめくるとボルトがありますのでそれを計4個外します。

③防音断熱シート取り付け

運転席、助手席、センターコンソールを全て取り外すとこんな感じに。

次にフロアカーペットをめくります。

あとは専用の形にカットされた防音断熱シートを乗せて行くだけです^^

2列目シート側も同じく施工していきます。

フロアカーペットを戻す時に、防音断熱シートが運転席やセンターコンソールのネジ穴に被ってないかの確認を忘れずにして下さい。

④デッキカバー取り付け(おまけ)

こちらは見た目重視(笑)ですので防音断熱の効果はあまり期待できませんが取り付けてみました♪

フロアカーペットの上にかぶせていく(デッキカバーの裏にマジックテープがついています)だけの簡単施工です^^

あとは運転席、助手席、センターコンソールを戻して完成です♪

防音断熱シートとデッキカバーを取り付けて厚みが増しているのでコンソールのボルトを止めるのが少し手こずりましたがなんとか締めることが出来ました。

無理な場合は少し長めのボルトをホームセンターなどで購入するのもありだと思います。

⑤シートカバー取り付け(さらにおまけ)

ここまでするとシートだけがレザー調じゃないのが違和感なんですよね^^;

と言うことでシートカバーもやっちゃいました♪

シートとシート周りをレザー調にするだけで雰囲気がガラリとかわり、ちょっと高級感が出てきますよ^^

お子様がおられる方なら、少し汚されたりした時の掃除も楽になりますね(^ ^)

取り付けは少し力が入りますが、そんなに難しくないのでおすすめです♪

チャックを締めるときは無理に閉めると破れちゃう恐れがありますので気をつけてくださいね^^

最後に

いかがでしたでしょうか?

ハイエースはいいお車なんですが、あと一歩頑張ってくれてたら的なところがたくさんありますよね^^;

ただそう言うところを自分好みにカスタムできるのが良いところではありますけどね♪

今回施工した商品もたくさんある中から探し選びましたがその時間もまた楽しいですので、皆さんの参考になれば良いなと思います^^

 

最後まで見ていただきありがとうございました⭐️

DIYが無理そうならショップさんにお願いしてくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました