なかよしかぞく

キャンプと子供を中心にいろいろ楽しむブログ

キャンプ キャンプギア ユニフレーム 焚き火台

焚き火台の決定版! ユニフレーム ファイアグリル購入レポ 

投稿日:2019年11月8日 更新日:

こんにちは→なかよしかぞくです。

ユニフレーム ファイアグリルを購入

キャンプと言えばやっぱり焚き火。

焚き火を見ながらまったりするのが最高の時間ですよね♪

特に寒い時期なんかは暖をとるのに必需品になってきます。

現在はロゴスのピラミッドTAKIBI Mサイズを使っているのですが少し小さく感じてきたのと、冬キャンプに持って行くのに新調しちゃいました^ ^

なぜユニフレーム ファイアグリルにしたか

数ある焚き火台の中からこの商品を選んだ理由を書いていこう思います。

1.路が幅広で薪が置きやすく焚き火がしやすそう

現在使っているロゴスのピラミッドTAKIBI Mはロストル(底網)が小さく薪が置きにくい感じがありました。

ファイアグリルはロストルが広く、大きめの薪でも簡単におけそうです。

 

2.オプションが充実している

ヘビーロストルやグリルポットハンガーなど焚き火だけではなく、料理に使えるアイテムが展開されていました。

 

開封

箱から出すと炉の中に全てが収納されていました。

・内容物

  • ロストル(底板)
  • 焼網
  • スタンド

ロストル(底板)は青色の保護シートが貼られていました。使用前には剥がして下さいと書かれています。

・サイズ

使用時 : 約430 x 430 x 330(網高)mm

収納時 : 約380 x 380 x 70(高さ)mm

重量 : 約2.7kg

サイズの展開は本商品のファイアグリルファイアグリル ラージの2つがあります。

ちなみにファイアグリル ラージのサイズは

使用時 : 約570 x 570 x 390(網高)mm

収納時 : 約485 x 485 x 90(高さ)mm

重量 : 約5.5kg

組み立ててみた

簡単に組み立てれるか実践してみました。

1.スタンドを広げる

手順2の方法で、収束金具についている矢印シールの方向にスタンドを4本倒します。

次にスタンドの先端のツメ金具部分を上に向けて広げます。

これでスタンドの完成。

ここまで問題なく出来ています。

2.炉を置く

炉を置きます。

ロストルを置いて焚き火スタイルの完成。

スタンド先端のツメ金具に焼き網をのせてバーベキュースタイルにも出来ます。

ツメ金具に焼き網がはまってズレ落ちることはなさそうです。

ここまでの所要時間は5分程度でした。

ロゴスのピラミッドTAKIBIを使っていたのですがそれよりも簡単で安定感があります。

あわせてオプションも購入

ファイヤーグリルと一緒に3つのオプションを購入しましたのでそちらも紹介しようと思います。

1.ファイアグリルヘビーロストル

こちらは極太のステンレス無垢棒で作られていてロストルや架台に使用する商品です。

私が購入した理由は主にダッチオーブンの架台用に購入しました。

さりげなくUNIFLAMEと入っているのがかっこいいですね♪

本当に太くて丈夫に出来ています。

標準のロストルは使用に問題はないけど使っていくと熱でふにゃふにゃになるそうですが、気になる方でしたらこちらは丈夫でいいかと思います。

ヘビーロストルを架台にしてダッチオーブンをのせてみました。

写真はSOTOの8インチダッチオーブンで重量約3.5kgです。

全くグラグラすることもなく安定していて、ヘビーロストルもまだまだのせれそうです。

いい感じですね♪

2.ファイアグリルポットハンガー

こちらの商品はファイアグリルで焚き火などをしているときに鍋やケトルを吊り下げて焚き火調理や温めたりをする商品になります。

 

スタンドと先端のツメ金具部分をうまく利用されています。

トングを掛けれますし、ダッチオーブンを吊り下げてもしっかり安定していました。

写真はSOTOステンレスダッチオーブン8インチで重量約3.5kgになります。

これも私の購入理由はダッチオーブンを吊るして調理をしたいと思ったからです(笑)

あとおすすめなのが他の焚き火台ですとトライポッドを立てて吊り下げるのですが、このファイアグリルだと暗い夜とかに足を引っ掛けてしまうリスクが無くなるかと思います。

この様な足が3本増えちゃいますので小さなお子様が夜に足を引っ掛けると危ないですよね(;゜0゜)

我が家の子供もよくテントやタープのロープで足を引っ掛けていますので…

3.ファイアグリル収納ケース

ファイアグリルにはケースが付属されていませんので専用ケースを合わせて購入しました。

サイズ的にはゆったりしていて出し入れはしやすいです。

まとめ

まだ使用はしていませんので細かいことはわかりませんが、開封してオプションも組み立ててみて最高だと思いました。

この焚き火台を買う時に悩んでいた候補がスノーピークの焚き火台で、ただお値段が高くてスノーピークの焚き火台だけの値段とファイアグリル+今回購入したオプションの値段がほぼ同じでしたのでユニフレームにきめました。

近々キャンプに行く予定ですので使用レポもできたらと思います。

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

-キャンプ, キャンプギア, ユニフレーム 焚き火台

執筆者:

関連記事

no image

我が家の初テントに2ルームを選んだ理由をご紹介 コールマンタフスクリーン2ルームハウス

こんにちは→なかよしかぞくです。   今回は前回のブログでレポしている、キャンプに必要かなと思って購入した物をレポしてみたいと思います。   先ずキャンプに絶対必要と言えばテントで …

キレイでオススメ!ガラガラ山キャンプ場キャンプレポ 

こんにちは→なかよしかぞくです。 今日は2019年8月に行った5回目のキャンプレポをしたいと思います。 目的地は福井県福井市赤坂町66-84にあります『ガラガラ山キャンプ場』に行ってきました。 北陸自 …

no image

☆1回目キャンプレポ★『きなりの郷』下北山スポーツ公園キャンプ場

こんにちは→☆なかよしかぞく☆です。   以前初心者ながらキャンプに行ってきました! 場所は 奈良県吉野郡下北山村上池原1026 『きなりの郷』下北山スポーツ公園キャンプ場   そ …

no image

我が家のキャンプ椅子紹介☆コールマン

こんにちは→☆なかよしかぞく☆です。   今回はキャンプ初心者が購入したキャンプ椅子の紹介をしたいと思います♪   まずは1つ目 コールマン サイドテーブルデッキチェアST です。 …

no image

3回目キャンプレポ 新幕登場スノーピーク エルフィールド 大佐山オートキャンプ場

こんにちは→☆なかよしかぞく☆です。   今日は3回目キャンプレポをしたいと思います♪   今回のキャンプ地は 岡山県新見市大佐小南1にあります   大佐山オートキャンプ …