iPadにBluetoothキーボードで文字入力が楽になる!?ipadがMacbookに大変身

iPad

こんにちは→なかよしかぞくです。

iPadがノートパソコンに!?

iPadに限らずタブレット系にある話だと思うのですが、文字入力をする時にすごく使いにくいと思ったことはないでしょうか?

いつもブログはMacBookProで書いていて、前回はパソコンにサブディスプレイを追加して効率がすごくアップした事をご紹介しました。

そんな中でiPadでもキーボードを繋げれば文字入力をする事に関しては使い易いくノートパソコンになるかも?と思い購入してみたのでご紹介していこうと思います(^^)

キーボード付きケースを購入してみた

iPadのキーボード付きケースはApple純正の物が発売されていますが価格が結構お高くなっていますよね^^;

普段持ち歩く事が多い方にはスマートで軽く使いやすくてマッチすると思うのですが、私は基本家の中でしか使用しないのでお安いサードパーティ製品を購入してみました。

現在使用しているのはiPad pro 2017の10.5インチなんですが第1世代のApple Pencilも使用しています。

今回購入したケースはApple Pencilも収納できる物を選び、キーボードはBluetooth接続でカバーとはマグネットでズレないように固定されています。

【開封】

【付属品】

  • ケース
  • Bluetoothキーボード
  • 充電ケーブル
  • 日本語取扱説明書

充電アダプターはついていませんでした。

【商品仕様】

iPad Air 2019 / iPad Pro 2017

Bluetoothキーボード

  • USB充電式
  • 1日2時間の使用で30日間連続使用可能
  • Bluetooth3.0
  • キー数 : 64キー
  • US基準
  • キーピッチ : 16.4mm
  • キーボード対応 : iOS/Android/Windows
  • 通信距離 :最大10M
  • オートスリープ機能付き

重さ

  • ケース :約412g
  • キーボード : 約185g
  • ケース+キーボード : 約597g
  • iPad Pro 2017+ケース+キーボード : 約1107g

参考までにですがiPad Pro 2017と純正のスマートキーボードの重さは約712gですので、およそ400gサードパーティ製が重いことになります。

やはり持ち歩く方にはこの差は大きいですね^^;

キーボードを使ってみた感想

【使用感】

パンタグラフ式でしっかりとしたキータッチ感がありますが、タイピングをしていて疲れることはありませんでした。

【キーピッチ】

キートップの中央から中央の距離をキーピッチとなっていて、18.5mm〜19.0mmが標準とされています。

購入したキーボードのキーピッチは16.4mmで数字で見ると小さいく思うんですが、ホームポジションに置いた時に指と指があたる事もないですし全然問題なくむしろ使いやすいと思います(^^)

私の手は小さい方で、旦那の手でも普通に使えていました。

ただこれぐらいが限界でこれ以上ピッチが小さくなると普通に指が置けないと思います。

【USキーボード】

windowsのパソコンを使っている方のほとんどがJISキーボードを使われていると思いますし私もそうでした。

MacBookProを購入する時に初めてUSキーボードを選びました。

USキーボードとJISキーボードで記号などの位置やキーの並びが少し変わりますので、そこは慣れが必要だと思うのですが使いやすいです。

私はすでにUSキーボードを使用していたので違和感はありませんでしたが、初めての方はこの機会になれてみてはいかがでしょうか(^^)

最後に

いかがでしたでしょうか?

ノートパソコンと同等とは流石に言えませんが、全然普通に使えるし使いやすいと思います。

私はApple Pencilを持っていますのでマウスのかわりに使っていますが、Macのトラックパッドでやるのとはまた違った感じなのですが直感的に使えていいです♪

特に写真の編集の場合とかはApple Pencilがすごくいい仕事をしてくれています(^^)

価格はサードパーティ製の方が約1/6のお値段で購入出来ますのでコスパは最高だと思います(^^)

iPadを使っていてソフトウェアキーボードで入力を頻繁にされている方は試してみる価値がありありだと思いますので入門用で使われてみてはいかがでしょうか♪

最後まで見ていただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました